存在について

Everything is pieces of information.

その208

 因果で紐解いていくと、始まりがどうしても気になるが、原初の個物の始まりが、存在の流れの規定にあるとするとき、その規定とは、働いた力のことであり、では力とは何か。秩序を作り出す力と考えられるが、秩序を作り出す力とは何か。ばらばらだった存在の流れのなかに、秩序を作り出す力が働いたと考えた時、そういった力が存在の流れのうちにできたとなるが、それは特殊なことではなく、存在の流れのなかで起こった平凡な事実なのかもしれない。突然起こることはない。変異したとしても、そこに時空の断絶はない。